大阪・兵庫・滋賀・京都・三重の「塗装工場」の人材、設備、材料、環境対策までを全方位で支援します!

フリーダイヤル:0120-480-449 資料請求&お問い合わせ
資料請求&お問い合わせ サイトマップ

オガワ産業株式会社

■ 大阪本社

〒553-0006
大阪市福島区吉野1-10-15
スプルース野田ビル7F
TEL) 06-4803-7444
FAX)06-4803-7333

■ 滋賀営業所

〒527-0062
滋賀県東近江市上大森町1192-2
TEL) 0748-22-6388
FAX) 0748-24-0648

■ 草津サービス・ファクトリー

〒525-0072
滋賀県草津市笠山1-5-27
TEL) 077-563-8076
FAX) 077-564-7174

40年の実績と蓄積を工場経営へ

HOME > 4つの支援!サービス紹介 > 「問題解決」支援!サービス

なぜ工業製品の塗装にオガワの「問題解決」!サービスが求められるのか?

思いの他、多発する塗装トラブル。
現場では、解決すべき問題が山積み。事態はかなり深刻・・・・とおもいきや、
現実は、それほどでもない。

同じような形状のものを、同じ塗装系で塗装するメーカーさまの場合、塗装工程自体が安定しはじめると、

ゴミがついている、からはじまって、色がちがう、つやがちがう、などの「色違い」まで、問題があるとすれば、その多くは品質クレーム。

従って、合理化や生産効率のことを除けば、問題解決のポイントは、

  • ゴミ・ブツ・ホコリ対策の実施
  • 色彩管理の手法
ということになります。

ところが、さまざまな形状の、異なる製品を、顧客毎に異なった塗装系で、日々、塗装しなければならない「塗装工場を運営する塗装専業会社さま」の場合、毎日が問題解決といってもけっして過言ではありません。

● つや引け ● 密着不良 ● 層間ハクリ ● ムラ ● 硬度不良 ● フクレ
しかも、Aという塗料ではとくに問題はないのに、Bという塗料ではNG、といった固有な状況に陥ると、問題解決を越えて、もはや壮大な「実験室」と化してきます。

これでは、落ち着いて仕事ができません。


そこでオガワは考えました。

問題を抱えながらも、肝心の原因がつかめず、いずこに問い合わせても霧の中・・・・ならばいっそ、ひとつのコミュニティをつくり、塗装のトラブル情報を蓄積、共有し、再活用することはできないだろうか。
たとえば、こんなふうに・・・・

トラブルシート

このような情報に対して、メンバーが双方向に対話・共有する仕組み。
名付けて、

工業塗装の問題解決委員会

それでは「委員会」設立の趣旨をまとめておきましょう。

名称 工業塗装の問題解決委員会
使命 工業塗装を営むすべての会社の発展のために
工業塗装にまつわる知の力を再発見し、それを継承するために
目的 会員の経験知を結集し、共有することで、塗装工場で起こる多くの問題を速やかに解決し、そのノウハウを再利用することで、工場経営に役立てる
活動内容 工業塗装における問題解決のノウハウを公開、蓄積、共有する
他の会との違い 各種教育機関、専門家、役所などの研究機関による「研究対象」としてではなく、工業塗装の現場から生まれた経験知と数々の問題解決方法は、公開、情報交換、対話されることによって、工場経営に役立つことを第一義にしています。
儀礼的、定期的、義務的な会合はありません。
情報の配信方法 塗装工場で発生する様々な問題と、その対処法を、メール、もしくは、FAXで配信します。
また、メーリングリストなどを用い、会員間でノウハウや情報交換を行っていきます。
会員の条件
  • 「問題解決委員会」の使命にご賛同いただくこと
  • 配信される情報を一方的に受信するだけではなく、双方向な意見交換を行って頂くこと
  • 配信される情報を悪用しないこと
入会方法 ホームページ、メール、電話、FAXにて、入会希望の旨、お伝えください。
追って、「問題解決委員会への入会申し込みセット」一式をお送りします。
申し込み用紙にご記入の上、返送ください。
尚、入会金・月会費などは一切無料です。
会社案内 オガワ産業のプロフィール
『資料請求&問い合わせ』はこちら
ページのトップへ戻る